, 胃がん

胃薬を飲むと胃癌になる?

最もよく処方されている胃薬は長期間飲んではいけない

最近は健康診断でもピロリ菌の検査が行われるようになってきましたが、このピロリ菌を除菌しても胃がんになることが判明しました。胃がんの原因はピロリ菌だけではありません。

胸焼けがする、胃が痛くなる、などや逆流性食道炎、胃炎、十二指腸潰瘍などで胃薬を飲んでいる方もおられることでしょう。香港大学教授のWai Keung Leung氏らの研究が、2017年10月31日の「Gut」オンライン版に掲載されました。

この研究によると香港の医療データベースに登録された2003年から2012年にピロリ菌を除菌した成人6万3,397人のデータを解析しました。その結果胃薬のプロトンポンプ阻害薬(PPI)を服用していた平均7.6年間で長期間服用するに従って胃がんの発症リスクは増加していました。1年以上の服用で5.04倍、2年以上の服用で6.65倍、3年以上で8.34倍と非常に胃がんになるリスクは高くなります。

 

 

PPIにはオメプラール、パリエット、タケプロンなどがあります。これらの胃薬は非常によく効きますので、最近は病院でよく処方されるようになりました。また以前病院でよく処方されていた胃薬のH2レセプター拮抗薬(ガスターなど)についても同時に調査を行っていますが、長期服用と胃がんの発症リスクには増加関係は認められないという結果でした。今では薬局でも買えるようになったガスター10の方が安心かもしれません。

関連記事

  • 肉を食べると寿命が縮む肉を食べると寿命が縮む 健康保険税を安くするために食肉税を導入するべき 米国の国際食糧政策研究所、英国のオックスフォード・マーティン・スクールとナフィールド人口保健学科での研究結果をMarco […]
  • 若い世代の癌患者の75%は女性 -終編ー若い世代の癌患者の75%は女性 -終編ー お酒を飲むと乳がんになる アルコールは飲んだ後、肝臓で分解されて代謝産物である有害なアセトアルデヒドができます。この物質は二日酔いなどの原因物質です。飲料水にエタノールまたはア […]
  • 若い世代の癌患者の75%は女性 -後編ー若い世代の癌患者の75%は女性 -後編ー 女性ホルモンが低下した更年期以降も乳がん罹患率が高いわけ このグラフでは若い女性より閉経後の女性の方が乳がんの罹患率が非常に高くなっていることが分かると思います。今まで […]
  • 若い世代の癌患者の75%は女性 =中編=若い世代の癌患者の75%は女性 =中編= 日本女性の乳がんは増えている 若い世代でのがん患者の75%は女性で、30歳代までは子宮頸がんと乳がんの患者数はほぼ同じ程度ですが、40歳代から急激に乳がんが増加します。 […]
  • 若い世代の癌患者の75%は女性 =前編=若い世代の癌患者の75%は女性 =前編= 二十歳から39歳までの女性に癌が急増している このグラフは日経新聞電子版のものです。 日本では、若い世代の癌患者は女性に集中していて、癌にかかる人の75%が女性と […]
  • 隠された電磁波過敏症_中編隠された電磁波過敏症_中編 携帯電話の電磁波はDNAを切断する。 2004年に欧州7カ国の12研究機関が4年間で総額30万ユーロをかけて実施した報告書が発表されています。携帯電話と同レベルの高周波電磁波を […]