5次元オーリングテスト, 健康

新型コロナウイルスの感染経路不明と5次元オーリング・テスト

感染経路不明の感染者の増加

新型コロナウイルス感染対策として、罰則も含むロックダウンを行う国と集団免疫による感染予防を行う国に分かれています。中国、イタリアやフランスなどのように厳しい接触制限を行う国がある一方で、スウェーデンのように集団免疫理論に基づき国民が集団として免疫を獲得するために厳しい接触制限は行わない国もあります。スウェーデンではトリアージにおいて80歳以上は人工呼吸器を接続しない。持病を1つ抱えた70歳以上、持病を2つ以上抱えた60歳以上の患者は人工呼吸器を使用しない治療になるそうです。イギリスでも当初は集団免疫理論でしたが、感染爆発が起こってからロックダウン方式に切り替えました。

日本はどちらでもない独自方式で、クラスターつぶしに専念してきました。ところが最近は感染経路が不明の患者が多くなり、クラスターつぶしができなくなってきています。このままではいつの日か、イギリスのように感染爆発が起こってもおかしくありません。

感染経路不明で最も多いのはエアロゾル感染

5次元オーリング・テストで調べると、感染経路不明患者の50%は空気(エアロゾル)感染です。

感染経路不明患者のうちエアロゾル感染した患者で、3密といわれている密閉、密集、密接のそれぞれの場合を調べてみました。意外にもいわゆる3密での感染は5%しかありませんでした。換気の良くない場所にいたというだけでの感染が最も多く40%を占めています。

このパーセントの数値は合計しても100%にはなりません。およその値だと認識してください。

換気の良くないところではコロナウイルスが3時間は浮遊していますので注意が必要です。

手洗いが大切

40%以上が接触感染ですので、こまめな手指消毒が大切です。最近はマスクの着用が一般的になってきましたので、鼻や口には触らなくなっていますが、目にはゴーグルをしていませんので、コロナウイルスの着いた手で目をこすると感染してしまいます。海外ではゴーグルをつけて歩いている人をテレビで見たりしますが日本ではなかなかそうはいきません。外出時には消毒液を常に持ち歩き何かに触ったら消毒を繰り返すと良いでしょう。

特殊セラミックを利用し消毒液が作れる商品を販売しました。銀イオンでコロナウイルスの膜を破壊して感染力を失わせます。お手持ちの容器にセラミックを入れ、水を入れて銀イオン水が生成されます。「エージープラス消毒」1年間は水を補給するだけで使えますので、非常に経済的です。Yahooショッピングで購入できます。何個か購入して子供たちにも持たせると良いでしょう。消毒液を何十リットルでも作れます。

関連記事

コメントを残す(ご質問は会員ページでできます。)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください