, 胃がん

胃薬を飲むと胃癌になる?

最もよく処方されている胃薬は長期間飲んではいけない

最近は健康診断でもピロリ菌の検査が行われるようになってきましたが、このピロリ菌を除菌しても胃がんになることが判明しました。胃がんの原因はピロリ菌だけではありません。

胸焼けがする、胃が痛くなる、などや逆流性食道炎、胃炎、十二指腸潰瘍などで胃薬を飲んでいる方もおられることでしょう。香港大学教授のWai Keung Leung氏らの研究が、2017年10月31日の「Gut」オンライン版に掲載されました。

この研究によると香港の医療データベースに登録された2003年から2012年にピロリ菌を除菌した成人6万3,397人のデータを解析しました。その結果胃薬のプロトンポンプ阻害薬(PPI)を服用していた平均7.6年間で長期間服用するに従って胃がんの発症リスクは増加していました。1年以上の服用で5.04倍、2年以上の服用で6.65倍、3年以上で8.34倍と非常に胃がんになるリスクは高くなります。

 

 

PPIにはオメプラール、パリエット、タケプロンなどがあります。これらの胃薬は非常によく効きますので、最近は病院でよく処方されるようになりました。また以前病院でよく処方されていた胃薬のH2レセプター拮抗薬(ガスターなど)についても同時に調査を行っていますが、長期服用と胃がんの発症リスクには増加関係は認められないという結果でした。今では薬局でも買えるようになったガスター10の方が安心かもしれません。

PPIは糖尿病とも関係

また最新の研究ではPPIの長期服用は2型糖尿病のリスクを高めることがわかってきました。

さらにPPIなどの胃酸分泌抑制作用のある胃薬は最近増加している膵臓がんの発生原因となっている可能性があります。

関連記事

  • 肉を食べると寿命が縮む肉を食べると寿命が縮む 健康保険税を安くするために食肉税を導入するべき 米国の国際食糧政策研究所、英国のオックスフォード・マーティン・スクールとナフィールド人口保健学科での研究結果をMarco […]
  • これからの自由主義と共産主義これからの自由主義と共産主義 これからの自由主義 前回のブログでは、石破茂はトランプ派の自由主義を政治理念としているということでした。このドナルド・トランプの自由主義はかなり徹底した自由主義です。高校時代に […]
  • 集団免疫とワクチン集団免疫とワクチン 集団免疫とは ある集団の一定以上の人々が特定の感染症に対して免疫を持てば、それ以上感染者が増えなくなることを集団免疫状態にあるといいます。次の図はウィキペディアの図です。 […]
  • 胃薬を飲むと糖尿病になる !胃薬を飲むと糖尿病になる ! 胃薬のプロトンポンプ阻害薬(PPI)服用者は糖尿病のリスク群 2型糖尿病は、血糖値を下げる働きのホルモンであるインシュリンを膵臓で分泌する能力の低下、またはインシュリンが効き難 […]
  • 2020年アメリカ大統領選後と日本の未来2020年アメリカ大統領選後と日本の未来 アメリカ合衆国の次期大統領 11月3日の投票日まで、あと3日となりました。半年ほど前の確認では次期大統領がトランプ氏になっている確率が80%以上ありました。その時点でのバイデン […]
  • 胃薬は膵炎の原因となる-膵臓は沈黙の臓器!?-胃薬は膵炎の原因となる-膵臓は沈黙の臓器!?- 膵臓こそが沈黙の臓器 […]