COVID-19, うつ病

コロナ感染の症状に”うつ病”がある

うつ病のモノアミン仮説

現在この仮説に基づいて、精神科や心療内科では薬剤が処方されています。モノアミンとはノルアドレナリンやセロトニンなどの神経伝達物質のことで、このモノアミンが脳内で不足することにより、うつ病が発症するというのがモノアミン仮説です。

精神科や心療内科で処方される薬は、ノルアドレナリンやセロトニンを増加させる作用があります。これらの薬を飲むと1日で血中のモノアミンは増加します。にもかかわらず何か月も治らないのはなぜでしょうか。不思議に思いませんか。それは治す薬ではないからです。風邪の時も治す薬は処方されません。咳が出れば咳止め、熱が出れば解熱剤、鼻水が出れば抗アレルギー剤と対症療法で自然と治るのを待ちます。これらの風邪薬はすぐに効果が出ますが、抗うつ薬はすぐには効果が出ません。対症療法としても失格ではないでしょうか。

うつ病の神経炎症仮説

脳内の神経に炎症が起こることにより、うつ病になるという仮説があります。この神経炎症仮説が実は正しいのです。そして脳神経の炎症がなくなれば、うつ病は治ります。

この防衛医科大学校精神科学講座、免疫微生物学講座の論文ではA,B,Cと3パターンが考えられていますが、正解は「未解明のうつ病発症経路」→「神経炎症」→「うつ病・抑うつ症状発症」になります。うつ病の患者では炎症性サイトカインの増加がみられることは知られています。

新型コロナ感染症COVID-19では、炎症性サイトカインによる障害が全身のあらゆる臓器で見られます。COVID-19はサイトカインストーム症候群です。脳にコロナウイルスが感染した場合に、コロナうつを発症します。味覚神経や臭覚神経は直接脳神経と繋がっています。新型コロナウイルスに感染して味覚障害や臭覚障害を起こした場合は、その後コロナうつになりやすく、これらの症状がなくても、うつ症状そのものが新型コロナウイルス感染の症状のひとつです。

コロナうつが女性に多い理由

コロナ禍で女性と子供の自殺が増えています。自宅療養中に自殺した女性の件で小池百合子都知事がコメントしています。このように原因を社会問題としてのみ捉える人が多くいますが、それは間違いで医学の問題でもあります。若い女性と子供は、新型コロナウイルスの感染により、無症状であっても脳神経に炎症を起こしている場合があります。アメリカではSNS通じて調査した症状の中に味覚障害よりも頻度の高い症状としてSadness (悲愴感)があります(2020年9月10日のブログ)。それでは、なぜ女性と子供に抑うつ症状が多いのでしょうか。そのわけは女性と子供が魚介類を食べなくなったからです。今後、ブラジルで発生した新変異種の新型コロナウイルス(この変異種は赤ちゃん・子供を含む60歳未満の死亡率が40%を超えています。)が日本国内に入ってきた場合にそなえて、女性と子供は積極的に魚介類を食べるようにしましょう。できる限り毎日(3食のうち少なくとも1食は)食べることです。魚介類に豊富に含まれるビタミンDと亜鉛は免疫を高めます。女性のビタミンD不足に関してはブログ2020年10月19日をご覧ください。男性よりも女性が不足しています。

亜鉛は体内代謝の多くの酵素に必須で、その不足は致命的です。血清亜鉛濃度とうつ病の関連は多くの研究で調査されています。健常者よりもうつ病患者は有意に血中亜鉛濃度が低くなっています。また血清亜鉛濃度の低値は治療抵抗性のうつ病のマーカーとなります。亜鉛については2020年10月23日のブログに書きました。

アメリカでは大統領がCOVID-19に感染したときにビタミンDと亜鉛を使って治療しています。毎日魚介類を食べることが困難な場合は、サプリメントを活用すると良いでしょう。サプリメントはこちらで紹介しています。

関連記事

  • 隠された電磁波過敏症_前編隠された電磁波過敏症_前編 日本では電磁波過敏症という病名は存在しない 日本の健康保険適応の病名の中に化学物質過敏症という病名はありますが、電磁波過敏症という病名は存在しません。したがって電磁波過敏症では […]
  • SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の感染経路と感染力SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の感染経路と感染力 感染経路の5種類 感染経路は次の5種類が考えられます。 […]
  • 肉を食べると寿命が縮む肉を食べると寿命が縮む 健康保険税を安くするために食肉税を導入するべき 米国の国際食糧政策研究所、英国のオックスフォード・マーティン・スクールとナフィールド人口保健学科での研究結果をMarco […]
  • 税金を考える  =前編=税金を考える =前編= 消費税は廃止すべきです。 明日から消費税が増税されます。この機会に日本人にとっての税金を考えてみましょう。日本は縄文時代から始まり世界の中でも最も長い歴史を持つ民族でしょう。我 […]
  • 世界で加速する大麻合法化の流れ_2_世界で加速する大麻合法化の流れ_2_ 日本は大麻を合法化すべきではない いよいよアメリカ合衆国も大麻合法化へ動き出している可能性が出てきました。産業用大麻の栽培が合法化されました。下院では12月12日、上院 […]
  • 感染症としての癌—–第28回日本バイ・ディジタルO-リングテスト医学会感染症としての癌—–第28回日本バイ・ディジタルO-リングテスト医学会 オーリングテストの普及と増大する国民医療費 4月20日21日と2日間にわたって、BDORTの医学会が神戸であり参加してきました。久々の学会参加でしたが、私がO-リングテストの免 […]

コメントを残す(ご質問は会員ページでできます。)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください