COVID-19

大規模PCR検査は危険!!

PCR検査の感度

PCR検査の感度は60%から70%と低いものです。感度の高い検査法は、病気になった時に非常に高い精度で病気であると確定診断ができます。感度が低い場合には、病気にも拘らず病気でないと診断されてしまいます。感度が60%から70%では、新型コロナウイルス感染者100人のうち30人から40人は感染者でない(偽陰性)と判断されてしまいます。

そうするとこの人たちは感染者(鼻咽頭にSARS-Cov2ウイルスが存在する場合)であるにも関わらず、感染していないと思い込み、今までの自粛的生活を止めてしまい、安心して出歩くようになるため、感染を拡大してしまう可能性が高くなります。

PCR検査の特異度

PCR検査の特異度は99%以上とこちらは非常に高くなっています。特異度とは、病気でない人を確実に病気でないと診断できる能力をいいます。すなわち100人病気でない人を検査すれば、間違って1人を病気と診断してしまいます。

日本は集団免疫には程遠い

厚生労働省は2020年12月14~25日にかけて5都府県で一般住民計1万5043人を対象に抗体検査を行っています。それによると東京でも陽性率0.91%、宮城県では0.14%しかありませんでした。大阪府で0.58%、愛知県で0.54%、福岡県で0.19%でした。

集団免疫には少なくとも60%以上が必要といわれていますので、まだまだの状況です。

広島市で80万人PCR検査

広島県では広島市中心部の4区の全住民や就業者を対象に、最大80万人規模の大規模PCR検査を行うと発表しています。

この80万人にPCR検査の感度と特異度を当てはめてみましょう。感度65%、特異度99%、感染率0.15%(感染者1200人)として試算してみます。感度が65%ですので、感染者1200人の35%にあたる420人が誤って感染していないと判断されますので、これらの人が市中に感染を広げてしまいます。さらに特異度が99%ですので、80万人のうち感染していない79万8800人の1%に当たる7,988人が感染していないにも関わらず、2週間の自宅待機を命じられてしまいます。

PCR検査を大規模に行えば広島市の4区だけで、感染していない7,988人が2週間の自宅待機をせざるを得なくなり、実際に感染している420人が動き回って感染を拡大することになります。このような事態が想定されるためか、広島県では実施を中止したようです。PCR検査をもっと行うべきだという声が多くありますが、大規模に行うべきではありません。

関連記事

  • 推奨品追加 _3推奨品追加 _3 健康のためにはパンを食べる日数は月に6日以内にすべき 今回はパン好きの方に朗報です。先日お土産に食パンを1本もらいました。非常に柔らかくふわふわしていて、生でちぎって食 […]
  • 健康食品は医薬品よりも重篤な副作用健康食品は医薬品よりも重篤な副作用 健康食品は決して安全ではない 健康食品にも様々な副作用があります。最近は大手食品メーカーも、健康食品の販売に力を入れるようになってきました。しかしその副作用については全くと言っ […]
  • コロナウイルスの真相コロナウイルスの真相 コロナウイルスは生物ではない ウイルスは生物ではありません。生物(生き物)であれば死ぬこともあります。生物学的に生物の3原則は1.膜で覆われていて、2.自ら代謝(生化学反応)を […]
  • 「首相にふさわしい人」は誰か「首相にふさわしい人」は誰か 毎日新聞「首相にふさわしい人」 2021年1月16日付けの毎日新聞に「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査」という記事がありました。「毎日新聞 […]
  • 経皮毒性と化粧品経皮毒性と化粧品 皮膚からの吸収性 経皮毒性とは、私たちの皮膚を通して体内に入ってきた化学物質が健康に対して何らかの有害な作用を起こすことを言います。 皮膚は外界の有害物質が体内に入ってこ […]
  • 税金を考える  =前編=税金を考える =前編= 消費税は廃止すべきです。 明日から消費税が増税されます。この機会に日本人にとっての税金を考えてみましょう。日本は縄文時代から始まり世界の中でも最も長い歴史を持つ民族でしょう。我 […]

コメントを残す(ご質問は会員ページでできます。)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください